税金と確定申告について

ママ仕事探し「ジョブINネット」 > 管理人BLOG > 税金と確定申告について

税金と確定申告について

通常は内職・在宅ワークなどアウトソーシング型だと「事業所得」となります。

他に会社勤めやパート収入が無い「事業所得」だけの場合は、所得が年間38万円以下ならば確定申告をする必要はありません。それ以上ならば、確定申告が必要で扶養家族からはずれてしまいます。

所得の計算 所得=収入額−必要経費

すでに「主婦パート・サラリーマン」の場合は、プラス内職などの事業所得が年間20万円以下ならば確定申告を必要はありません。それ以上ならば、確定申告が必要です。

会社でのお勤めで専業主婦が普通のパートやアルバイトで収入を得る場合、年間103万円以下で、その他副収入があった場合、所得税が発生します。所得税が発生した場合、確定申告をおこなわなければいけません。

パートなど給与所得控除額(65万円)+基礎控除額(38万円)=103万円です。

色々と難しい単語が並んでますが、一つずつ紹介します。

「給与所得控除額」とは、給与所得者の経費にあたる金額のこと。実際にかかった費用ではなく、収入に応じて計算式が定められている。「その年の給与の入金額-給与所得控除額=給与所得」となり、給与所得に応じて所得税がかかる。

「基礎控除額」とは、申告者全員に適用される基礎的な控除の額

有名な「103万円の壁」パート・アルバイト

旦那の扶養家族からはずれ、所得税が課税されるラインが103万円です。そのため、扶養からはずれたくないからと、給与所得103万円未満、内職所得20万未満になるよう調整して働く人も多いようです。

これは税金または社会保険料がかからない、という収入金額の境目(壁)のことです。収入が年間103万円以下であれば給与所得控除65万円と基礎控除38万円を差し引くので、税金はかかりません。


関連記事

  1. 夫に対して「私の内職に理解がない」と不満
  2. 内職データ入力とは?
  3. 内職ワーカーの自己管理能力
  4. ガイアの夜明け・ハンドメイド06月16日放送
  5. 税金と確定申告について
  6. 内職商法のトラブルについて
  7. 内職ワーカーへの転職
  8. 内職に関する用語集